お金の知識と知恵!学ぶべきお金の知識とは何か

実生活に役立つであろうお金の知識をまとめてみる。お金の知識を身に付けるからには、「実生活に役立つかどうか」を大事にしてほしいから。金持ちが知っているような凄い知識を身に付けたとしても、それが実生活に役立たないのでは意味がないだろう。

誰かに自慢する為ではなく、自分の生活を豊かにする為にお金の知識を身に付けるべき。

お金を稼ぐ知識

お金を稼ぐ方法

あなたが営業マンなら、セールスのスキルかもしれない。もしくは、転職のスキルかもしれない。「何でお金を稼ぐか」によって、稼ぐ為に必要な知識は違う。あなたが医大生なら、医学の知識だろうし。

収入源とリスク分散

サラリーマンのように、一つの収入源だけに依存していることがいかに危険な状態なのか。収入源を増やすにはどうすればいいのか。収入源を増やすには、試行錯誤の連続が必要なので、一筋縄ではいかないことも知っておくべき。

貯金する為の知識

貯金するメリット

「貯金は真面目な人がするもの」ではなく、「貯金は、経済的ゆとりをもたらす資産形成の為に必要なもの」と知っておいた方がいい。貯金ができない人は、ただの浪費家である可能性があること、収入が少なすぎる可能性があることを知っておくべきだと思う。

詳細貯金するメリットとデメリット!お金を貯める意味は

貯金する為のテクニック

貯金する為には、ある程度のテクニックが必要。「貯金専用の口座を作る」などのように。貯金テクニックは世の中にたくさんあるが、自分に合うもの、合わないものがある為、取り入れたり廃止したりを繰り返し、しっくりくる貯金テクニックを身に付けよう。

詳細賢いお金の貯め方はどれ?上手に貯金するテクニックのまとめ

必要な貯金の金額はいくらか

常にどれくらいの貯金を持っていれば安心できるのか。また、老後を快適に過ごす為にはどれくらいの貯金があった方がいいのか。

お金の管理の仕方

支出のコントロール

支出のコントロールができないと、経済的なゆとりを作ることができない。月の手取りが100万円あっても、毎月100万円使ってしまっては「金持ちっぽく見えるだけの貧乏人」になってしまう。「お金を使わないという選択」がいかに大切か、知っておいてほしい。

家計簿のつけ方

支出のコントロールに役立つのが、家計簿。家計が赤字なのか、黒字なのかを知るだけでも支出の意識が改善される可能性が高い。別に、そんなに難しくやらなくても管理できる方法はある。僕なんて、「食費などの支出ごとにレシートをまとめておいて、月末にまとめる」という簡素な方法しかやっていない。

銀行口座の使い方

僕は「貯金専用の口座」と「メイン口座」で分けている。そのように、口座を分けた方が管理しやすい人もいるので、いろんなアイディアを試してみるといいと思う。ただし、分けすぎると逆に管理が難しくなるのでご注意を。

詳細口座の分け方を少しだけ工夫して貯金する方法

節約術とテクニック

節約術は、「いかに知っているか」が大事だったりする。例えば、「格安SIMのことを知っていれば、毎月のスマホ代を半分以下にすることもできる」のような。無駄なお金を使うくらいなら、自分の為、家族の為に残しておいた方がいいに決まっている。節約術は調べれば意外とあるので、少しずつでも実践してみるといいかも。

詳細家計の節約術まとめ!無駄遣いを減らすには

キャッシュレス決済の種類

クレジットカードやデビットカードなど、キャッシュレスで支払える方法はいくつかあり、知っておくと便利だったり、節約に繋がったりする。

お金を増やす知識

お金を増やす方法

お金を増やすにはどういう選択肢があるのか。お金が減ってしまう金融商品は何か。多くの人が結果を出している選択は何か。今の世の中だとどれくらいのリターンが平均なのか、などなど。調べる気がない、勉強する気もないなら、投資に手を出すべきではない。

詳細お金を増やすには?投資方法あれこれ

リスクとリターン

投資におけるリターンとは、「投資の結果」のこと。投資におけるリスクとは「リターンの振れ幅」のこと。「リスクがある」とは、「リターンに振れ幅がある(リターンが確定していない)」ということ。無リスクとは、「リターンが確定している」ということ。

詳細投資におけるリスクの意味とは?「損する可能性」だけではない

ちなみに、無リスク投資は「国債投資」くらいしかない。

詳細ほぼ確実にお金を増やす方法

資産と借金の知識

お金を借りる方法

お金が必要になった時、どうしても工面できない時、どうやって借りればいいのか。どこから借りるのが安全で、利息を安く抑えられるのか。これくらいは知っておいた方が、いざという時に役に立つはず。

借金の危険ライン

財務分析の分野も少し入ってくるが、これは知っておく必要がある。「資産よりも負債が多い債務超過は危険」などのざっくりした知識でもある程度の抑止力にはなる。「収入と支出」だけではなく、「資産と負債」という数字があることも知るべきだ。

利息に関する知識

単純に、「どれくらいの利息だと高いか」を知っておくだけでもメリットがある。カードローンの「年利18%」なんて、かなり高い数字。投資でそれだけの利回りを平均して出せるのは、世界トップクラスの投資家くらいである。あとは、「利息がいかに返済を大変にするか」も知っておいた方がいい。

借金の返済計画

「家計が赤字なのに借金したら、返済なんてできるはずがない」という単純計算ができる程度でもいい。借金は、ある程度のゆとりがある人じゃないとまともに返さないことなんて、計算すればすぐにわかること。

クレジットカードの知識

クレジットカードの仕組み

なぜ後払いが可能なのか、なぜポイント還元があるのか。また、「クレジットカード会社はどうやって儲かっているのか?」を知れば、使うときの注意点もある程度は見えてくる。

クレジットカードのメリットと機能

クレジットカードには、ポイント還元以外にも様々な機能がある。知らないよりも、把握しておいた方が便利に使えるし、無駄な年会費に疑問を持つこともできる。それに、少し詳しくなれば、「どのカードが自分に合っているか」も見極めやすくなる。

クレジットカードのデメリットと危険性

クレジットカードにはどんな危険性があるのか。どんな使い方が危険なのか。そういうのを知っておかないと、「カード地獄」に陥ってしまう可能性がある。

クレジットカードの選び方

自分に合ったクレジットカードを選ぶ為には、ある程度は「どんなカードがあるのか?」を知っておく必要がある。

医療保険や損害保険の知識

医療保険は必要なのか

「保険会社の人ほど保険に入っていない」という噂もある。保険の内容と、前述の社会保険の内容を照らし合わせてみれば、保険が必要かどうかもわかるだろう。また、個人的には、そこまで必要じゃないと思っている。

入るとしたらどんな保険がいいのか

保険相談を使うという手もあるが、どの道「入りなさい」という姿勢で説明してくるので、正直好きではない。難しい部分もあるが、自分で選べた方がずっといい。

保険勧誘員の戯れ言

手数料の高い「外貨建保険」を勧めるのが銀行でも保険相談でも流行っている。こういう現状を知ってしまうと、保険相談に疑問を持たざるを得ない。やはり、保険なんて他人を儲けさせる為だけにあるのかもしれない、と思ってしまう。

税金や社会保険制度などの知識

節税の方法

サラリーマンでも使える節税方法もある。源泉徴収のおかげで、支払っている税金に興味がない人が多いのが残念。節税すれば、それだけ自分の資産が増やせるのに、もったいない。それに、税金に興味を持つようになれば、政治に興味を持ってくれる人が増えるんじゃないかと、個人的に少しは期待している。

社会保険の活用方法

社会保険だけではなく、国民健康保険でも同じ。自分がいくら払っているのかはもちろん、それをどう活用できるのかを知っておく必要がある。

雇用保険の活用方法

失業給付についてザックリ知っている人は多いと思うが、その具体的な内容は知っているだろうか。雇用保険のその他の機能についても知っておく必要がある。だって、せっかく支払っているんだから。

年金の現状

未確定な部分が多いが、「自分はいくらもらえるのか?」などの問題を把握しておけば、老後のための資金計画も立てやすくなる。

不動産関連のお金の知識

賃貸と持ち家ではどちらがいいのか

いろんな意見があり、正解なんてないのだが、いろんな意見を知っておくことに意義はあると思う。何を信じるかは、あなた次第。

今の収入に適切な家賃

「収入の4分の1が適切」なんて信じてはいけない。お金の管理をしていれば、ちゃんとした数字が見えてくるはず。僕の見解では、安いに越したことはない」である。

住宅ローンに関する知識

どこで借りるのがいいのか。自分の資産・収入の状況だといくらが適切なのか、返済総額はいくらいになるのか、返済はどれくらい大変なのか、などなど。ここを正しく判断できないと、今後数十年がかなり苦しくなるので、事前調査は必須である。

自分の収入に見合った住宅の金額

見栄はいらない。「自分の家計」を基準に考えるべきだ。ここを見誤ってしまうと、やはり今後の人生をかなり苦しめることになってしまう。

お金の知識は面白いからどんどん勉強してほしい

実生活で役立つから、学校の勉強とは違ってかなり面白いはず。それなのに、学校では教えてくれないのがお金の知識というもの。お金の知識に興味が沸いてきたら、FP(ファイナンシャルプランナー)のような、専門的な資格の勉強をしてみるのも面白いかもしれない。

更新日:

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.