お金を増やすコツ!初心者が意識すべきこと

更新日:

投資で勝つ方法の前に

僕は20歳の頃からを投資を始めて、かれこれ9年くらいの投資経験を積んでいます。ここに書いていくのは、そんな投資経験の中で感じた、「お金を増やすコツ」について。

「投資で勝つ方法」ではありません。「資金の扱い方」や「投資の心構え」の部分です。あくまでも初心者向け。

お金を増やすコツ~資金の取り扱い

増やす資金をしっかり用意すること

これは必須です。増やす為の資金がそれなりにないと、お金を増やすことは簡単ではありません。10万円を年利10%で運用しても、利益は1万円だけ。100万円あれば、10万円。1000万円あれば、100万円。当たり前のことなんですけど、これ大事。

ちなみに、年利10%というのは、かなりの好成績。「10倍になった!」なんていうのは、稀な話。「投資でお金を増やす」の現実なんて、こんなもんです。高望みすると、痛い目に合います。

ゼロ金利、マイナス金利時代に、投資でそんな高い利回りは出せないと思っておいた方がいいと思います。例えば、ポピュラーな「インデックス型投資信託」の利回りは4~6%くらいだそうです。

資金を減らさないことも大事

せっかく運用していたお金を生活費に回してしまうようでは、お金はどんどん減っていくばかり。しっかり貯金して、その中で「投資資金はいくら!」と割合を決めて、運用に回す。

とにかく、「しっかり貯金できる体質」を作っておくことが大事。個人の場合、プロみたいに顧客から資金を集められるわけじゃないので、「貯金」が資金源になるじゃないですか。

「お金を増やすコツ」なんてものは、貯金ができるようになってから考えるもの。

口座の分け方を少しだけ工夫して貯金する方法

生活費にまで手を付けない

投資をする場合、今月支払うべき生活費にまで手を付けるのは辞めた方がいいかと。僕自身、そんな危険なことをやってしまい、その月の生活が苦しくなった経験があるので(一回じゃ懲りなかった)。

投資にはリスクがあるので、損をする危険性もあります。そして、自分は意外と天才じゃないんですよ。悲しいことに。

投資におけるリスクの意味とは?「損する可能性」だけではない

お金を増やすコツ~投資するなら

負けない投資を心掛ける

投資をするなら、勝ちましょう。勝つしかないんです。投資で負けてしまうと、お金を増やすどころか、「お金を減らす」をやってしまいます。

そんな風にお金を減らすくらいなら、パーっと旅行にでも行ったほうがよっぽど有意義。お金を増やせれば魅力的なんですけど、現実問題、そう上手くはいかないんですよ。

通算で勝てる投資を

ちなみに、リスクのある投資で負けるの当たり前です。何回も負けます。でも、通算で勝てればいいんです。生涯成績でプラスだったらいいってこと。逆に言えば、「通算で負ける投資はやるだけ無駄」ということになります。

なので、「自分の投資成績」は常に把握しておいた方がいいです。ノートなどに、簡単な記録をつけておくだけでもオッケー。

流行りに乗ろうとしないこと

「流行った」というのは、基本的に「チャンスを逃した」のサインになります。値動きの影響を強く受ける金融商品(株式など)の場合、「流行る前に参入しておき、流行ったら撤退する」という戦略が大事になってくると言われています。

「無理に投資をしない」のも大事なコツ

「お金を増やす」を考えた場合、無理に投資しないで、定期預金などを利用してお金を増やすだけでも十分だと思います。だって、「お金が減るかもしれない投資」なんかやってドキドキしているくらいなら、ずっと安全で堅実ですし。

あとは、「無リスク投資」として有名な国債を買うとか。個人投資家は、「結構損する生き物」なんですよ。周りとかに流されないで、あえて参入しないのも、お金を増やす上では大事なコツ。

無理にお金を増やす必要があるのか

「金融商品を買う」だけがお金を増やす方法ではないですし、誰でもお金を増やせるわけでもない。いっそ、諦めて貯金しておくだけでもいい。個人投資家の大半が損すると仮定するなら、「投資をしない」という選択によって、相対的に勝つことができる。

まあ、「百聞は一見にしかず」だと思うので、かなり少額で試してみるのもいいかもしれません。やってみれば、「向いているかどうか」がわかるでしょう。

僕が投資を続けている理由

別に、上手いからじゃありません。何度も損失出してますし。僕がずっと投資を続けているのは、「楽しいから」です。趣味の一環です。はい。

まとめ記事→上手なお金の増やし方はどれ?投資対象などを羅列

-お金を増やすには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.