株でお金を増やすには?株式投資の仕組みなど

更新日:

「株」とは「株式投資」のこと

「株」というのは、ポピュラーな投資の一つ。
投資とは少し違う「投機」的な一面もあるが。

株を買うとはどういうことか

「株をやる」となると、「株式を買ったり売ったりする」ということになる。
「株式」とは、簡単に言うと「会社の一部」であり、「株を買う」と「その会社のオーナーになる」ということになる。
(株式を持てば持つほど、その会社での発言力が強くなる)

「株は馬券のようなもの」と考えている人もいるかもだけど、「株式」というのは、会社経営において非常に重要な代物なのだ。

株式投資で得られる利益について

売買益(キャピタルゲイン)

一般人が売買できるような株式は、基本的に株式市場に上場している株式になる。
株式市場では、需要と供給のバランスによって株価が日々変動している。
「安く買い、高く売る」ができれば、その差額が「利益」になる。
これが「キャピタルゲイン」と呼ばれる利益。

ただし、いつも利益ばかり得られるはずはなく、当然「損失」もある。

配当金収入(インカムゲイン)

株式会社は、会社の利益を、オーナーである株主に「配当」という形で還元しているケースもある。
(配当の有無、金額は会社によってまちまち)

この「配当収入」を「インカムゲイン」と呼ぶ。
大物会社経営者みたいに、「配当金だけで数十億円」という夢の収益を目指すのは、一般投資かにとっては正に「夢の世界」なわけだが、一応「そういう可能性もある」と覚えておくと面白いかも。

株主優待

分類的には「インカムゲイン」に近いもの。
その会社で使える割引券とか、商品とか貰えるのが「株主優待」。
会社によって内容は多種多様。
ちなみに、「~株以上持っていないともらえない」などの制約がある。

株式投資にはどんな手法があるのか

株価のチャートなどから将来の株かを予測しようとする「テクニカル分析」と。企業の業績や事業内容などから企業価値を計算する「ファンダメンタルズ分析」の二種類が主流。
投資家の性格によって、「どっちがやりやすい」というのは別れる。
また、「どっちがいいか」も、そのときによって変わってくるので、盲信は禁物。

ちなみに、「テクニカル」にもいろんな手法があれば、ファンダメンタルズにもいろんな手法がある。
いろいろ試していったり、勉強していくうちに、「このやり方がいい」というのが、自分のなかで固まっていくだろう。

株式投資の始め方

株式を扱っている証券会社に口座を作り、証券会社経由で売買するのが一般的。
電話や店頭で注文したり相談したりする「店頭証券」と、ネットで自分で売買する「ネット証券」がある。

今の時代、「ネット証券」を選ぶ人が多いはず。
店頭証券は、いろいろ相談したりもできる分、売買手数料が高い。
ネット証券は、自分で銘柄選びとかしっかりやらないといけない分、売買手数料が安い。

店頭証券でも、ネット証券でも、証券会社はたくさんある。
なので、手数料などを比較して選んでもいい。
個人的には「どこでもたいして変わらない」と思ってもいるが。

※その他の投資手段まとめ
上手なお金の増やし方はどれ?投資対象などを羅列

-お金を増やすには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.