家計の節約術まとめ!無駄遣いを減らすには

更新日:

節約に困ったら

思い付く限り、家計の節約術をまとめてみた。

※思い付いたら追記予定

通信費(ネット代やスマホ代あたり)の節約

ネット回線は安いところに乗り換える

僕の場合、フレッツ光から「auひかり」に乗り換えたら、毎月1000円以上は節約になった。
auのスマホを使っているので、「auスマートバリュー」というセット割が適用され、スマホ代も安くなった。

光回線を契約しているのにそんなに使わないなら、月額料金が安いモバイルWi-Fiに変更してしまうのも有り。

格安SIMや格安スマホに切り替える

躊躇する気持ちもわかるけど、毎月2000円程度でスマホが使えるのなら、検討してみる価値は十分にある。
キャリアメールがなくなると困るので、僕はやってないけど。

スマホのキャリアはそのままで、安いプランに切り替える

よくわからずに契約して、必要以上に高いプランになっている場合は、見直してみる価値あり。

無駄なオプションを外す

知識が乏しい人だと、よくわからずにオプションをいくつか契約していて、無駄遣いになっているケースも。
明細をしっかり見てみて、「これ、必要?」と思われるものは、ショップに行ったりして相談してみるべし。

スマホ以外でネットをそんなに使わないのなら、スマホのデザリングだけで済ませる

パソコンやタブレットでネットをそんなに使わないなら、スマホのデザリング機能(スマホをモバイルWi-Fiみたいに使うやつ)で十分な場合も。

それなら、ネットを解約することも可能に。
動画とかネトゲとかやりまくるなら無理だけど。

使わないなら固定電話なんて解約

固定電話なんてなくても普通に生きていけるのが今の時代である。

水道光熱費の節約

電力会社を切り替える

シミュレーションしてみて、安くなるようなら切り替えたほうがいい。
場合によっては、そのままにしておいたほうが安いので、ご注意を。

暖房は小まめに消さない

暖めるまでにかなりの電力を使うので、小まめに消すくらいなら、しばらくつけっぱの方が消費電力を抑えられる。

ガス会社を切り替える

電力と同じで、ガス(都市ガス)も自由化されているので、切り替えを検討してみるのもあり。
プロパンガスも自由市場なので、乗換で結構安くなることも。
賃貸の集合住宅の場合、大家さんと相談しないと難しいけど。

クレジットカード払いにする

どうせ毎月発生する支出なんだから、クレジットカード払いにしてポイントを貯めるべし。
リクルートカードやREXカードのような高還元カードなら、尚良し。

口座振替で支払う(東京電力の場合)

東京電力の従来プランの場合、口座振替にすれば毎月54円だけ安くなる。
場合によっては、クレジットカードのポイントの方がお得。

住居費の節約

住宅ローン繰り上げ返済をする

机上の理論では、借金は早く返済した方が利息の支払いが少なくなるので、将来的にはお得。
ただし、現在の生活が苦しくなるなら無理する必要はない。

住宅ローンの借り換えをする

金利の低いところに乗り換えようってやつ。
安っぽい謳い文句に振り回されないようにご注意を。

家賃の安い物件に引越す

引越し費用は高いので、それを相殺するほどの値下がり具合じゃないと、回収に時間がかかる。

家賃交渉する

ほぼ契約の時にやるべきことだけど。
家賃は、交渉すれば意外と簡単に安くしてくれることがある(それだけ人気がない物件という証拠にもなるが)。
ちなみに、敷金や礼金も交渉すれば安くしてくれることも結構ある。

余談だけど、「敷金」は返ってくるのが普通なので、勘違いしないように。

その他、家計の節約術いろいろ

買い物するスーパーを変えてみる

スーパーを変えただけで、毎月5000円以上節約になったこともある。
塵も積もればなんとやら。

値切れるところでは値切る

「値切るなんてみっともない」とか思っている人も多いけど、値切れば安くしてくれるお店は意外と多い(特に、家電量販店)。
交渉術は、生きていく力でしょ、やっぱり。

クレジットカードをあえて使わない

クレジットカードを使わない方が支出が減る

そんな統計データもあるそうな。
まあ、「管理できる人はできるし、できない人はできない」とも思うけど。

生命保険の見直しで節約

世の中にはいろんな保険があるもので、「これ、意外と使えないんじゃん!」という保険を契約していることも。
無駄な保険は解約。
もしくは、乗換。

「保険は入った方がいい」の根拠が説明できないなら、洗脳されているだけの可能性も。

キャッシングは早めに返済する

無担保融資の利息は高いので、借りてしまったら、早めに返した方がいい。
無理のない範囲で。

ちなみに、消費者金融とかの金利が、住宅ローンに比べて高いのは、「返済できなかったら不動産没収しますよ」のような担保設定がされていないから。
回収できないことも考えて、金利は高めに設定されている。
それでも借りる人がいるから、成立している。

-お金の節約方法

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.