お金持ちになるにはお金の使い方を見直すところから

更新日:

お金持ちのお金の使い方を

「金持ち父さん貧乏父さん」という本を基に、「お金持ちになるにはどうすればいいのか?」を簡単に書き出してみることに。

ちなみに、僕自身は、「金持ち」には程遠い。金持ちになりたいとは思っている。その為に勉強したりもしている。その結果身に付いた知識の一つが、これから書いていく内容。

お金持ちになるには、どうやら、「お金の使い方」から見直していく必要があるようだ。「節約する」しか考えられないのは、「お金持ちの思考回路」を持っていないという証拠なのかも。

お金持ちになるには資産を買うことを意識する

金持ち父さん流の「資産」の定義

一般的に、「資産」とは、「現金」「預金」「有価証券」「不動産」などを意味する。確かに、これらは資産だ。会計上の資産だ。疑うよりはないはず。

しかし、「金持ち父さん」の理論では、「資産」の定義はもっと狭い。「金持ち父さん貧乏父さん」で語られている定義はこれ。

資産は、あなたのポケットにお金を入れてくれる

非常にシンプルな定義。要は、持っているだけでお金が入ってくるものこそ、金持ち父さん流の「資産」というわけ。

資産を買うとはどういうことか

資産を買うように意識すれば、お金を使ったはずなのに、自分のところにより多くのお金が返ってくるのだと。資産を買えば買うほど、経済的にも時間的にも自由になれるのだと。

金持ち父さん流の「資産」のわかりやすい例は、収益性のある不動産。マイホームなんか持っていても、お金が出ていくだけ。資産じゃない。

不動産投資用に買った不動産なら、入居者さえいれば、家賃収入がほぼ自動で入ってくる。これが「資産」ということ。

現金は、それだけではお金を生まないので、資産ではない。ゼロ金利時代においては、「預金」は資産とは定義できないだろう。 

お金を失わないようにお金を使うのが金持ちだと

とは言え、不動産投資は万人向けではない。「金持ち父さん」の本の中では「起業してビジネスオーナーになる」という資産の作り方も紹介されているが、やはり万人向けではない。

一般ピーポーでも手を出しやすい「金持ち流のお金の使い方」としては、「投資的な消費」がある。書かれていたのは別の本だったかも。

例えば、腕時計を買おうとしているとする。その時、中途半端に高い腕時計を買うのではなく、「投資的な要素も持っている、価値の下がらない腕時計」を買う。すると、「消費」をしたはずが、腕時計を手放すときに、買値よりも高く売れるかもしれない。結果、消費してもお金が減らない。みたいな。

その他、アンティークの家具を買うとか、そういうことを考えてお金を使うのが金持ち流という話も。全ての消費を金持ち流にはできないので、できる部分から始めてみるといいのかも。

貧乏なお金の使い方は?

「悪い負債」を持つと貧乏になっていく

「良い負債」もある。「不動産投資をする為に組んだローン」なんかは、結果的にお金を生み出してくれるので、「良い負債」になるそうな。

「金持ち父さん」の中での「悪い負債」は、「持っているとお金を吸い取られる負債(借金)」のことだと定義されている。

住宅ローンや車のローン、無担保のカードローンやキャッシングなど、全て「悪い負債」。持っていると貧乏になる。そんなこと誰でもわかっていそうだけど。

支払いに追われると金持ちから遠くなる

「悪い負債」によって発生する利息の支払い、元本の返済。そんなものに追われていると、「支払いの為に働く」という状態になる。その他の生活費の支払いもあるわけだし。

支払いの為だけに働き続ける。「金持ち父さん」の中では、こういう状態を「ラットレースから抜け出せない」などと表現している。

お金持ちになるには、「悪い負債」を避け、「資産」を買うよう(作るように)していくことが大事なんだと。

金持ちになれるのか

「金持ち父さん貧乏父さん」という本は、ベストセラーになった本。つまり、誰でもその内容を知っている。だけど、読んだ人のほとんどは金持ちになれない。

理由として考えられるのは、「実行する人が極端に少ないから」か「再現性がないから」か「ノウハウが間違っているから」あたり。

「金持ち父さん貧乏父さん」で語れらている考え方は非常に興味深く、面白いものだと思う。読んでからどうするかは、その人の自由。なかなか面白い本なので、読んだことがないなら読んでみた方がいいかも。


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

-お金の使い方

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.