賢いお金の貯め方はどれ?上手に貯金するテクニックのまとめ

更新日:

全てのテクニックを取り入れるのは無理

僕が知っている範囲で、「お金を貯める貯金テクニック」をひたすらまとめていきます。
しかし、全部を取り入れる必要はありません。

「自分に合いそう!」と思ったものはやってみてもいいです。
それでも何も変わらなければ、別の方法を探すか、「収入を増やす努力」に切り替えてみて下さい。

※始めに、貯金する意味について
貯金するメリットとデメリット!お金を貯める意味は

貯金用の口座を分ける

引き落としや給料の振込先口座とは別に、「貯金専用の口座」を作る。
「この口座のお金は自分の貯金!」とわかりやすくなる効果が。

口座の分け方を少しだけ工夫して貯金する方法

天引き貯金をする

「貯金用口座」に付随するお金の貯め方。

「余ったら貯金する」ではなく、「余る前に貯金する」お金の貯め方。
「毎月2万円貯金する!」のようなルールを自分で決めておき、給料が入ったらすぐに実行。
月の残りは、余ったお金で生活する。

予算管理して貯金する

天引き貯金をすれば、自然に実行できる。

天引きをしない場合でも実行は可能。
「今月の予算は~万円」と自分で決めて、支出の管理をしながら調整していけばいい。
「あと~万円で生活しないといけない」と意識することにより、無駄遣いが減るかも。

財布を分ける

「食費と生活費はこの財布のお金で!」のように分ける。
給料が入ったら、お金の分配をするとやりやすい。

家計簿をつけてお金の管理

自分のお金の使い方を目に見える形にすることで、お金の使い方に対する意識が変わる可能性がある。
本屋で売っているような家計簿でも、アプリでもいい。
レシートを封筒などに溜めておいて、一か月ごとに集計するような、簡易的な家計簿でもいい。

貯金意識の改善に。
「続けられる家計簿のつけ方」にこだわることが大事。

全ての支払いをクレジットカードで行う

全ての支払いをクレジットカード払いにしてしまえば、支出が自動的に記録される。
家計簿代わりに。
ついでにポイントを貯められる。

クレジットカードで支払えない出費もあるので、その辺の調整が難しいけど。
「ID」付きのクレジットカードなんかだと、多少はやりやすくなる。

全ての支払いをVISA(JCB)デビットで行う

VISA(JCB)デビットでも記録が残る。
ポイントによるキャッシュバックもある。

クレジットカードが嫌いでも、ほぼ現金払いと変わらないので、安心して使えるかも。
銀行口座から即時引き落としなので。

クレジットカードを使わない

クレジットカードを使うと、現金メインの時よりも支出が増えるという統計データもあるそうな。
試してみる価値はある。

個人的には、「現金だろうがクレカだろうが、管理できる人はできないし、管理できない人はできない」と思ってるけど。

節約して貯金する

今よりも貯金するには、「節約」をする必要がある。
「お金の貯め方」と「節約」は切っても切れない関係。

「節約方法」は、別の記事にまとめる予定。

収入を増やして貯金する

小手先の貯金テクニックを駆使しても、節約術を駆使してもお金が貯められない場合は、「収入が少なすぎる」という問題を抱えている可能性が。

そういう場合は、収入を増やさないと貯金なんてできないでしょ。
現実的に考えて。

「収入を増やす方法」も、別の記事にまとめる予定。

どの「お金の貯め方」が自分にマッチするかは不明

人には個性があるので。「相性が悪い」と思ったものを無理に続ける必要なし。
「貯金テクニック」を意識するのが苦手だと感じたら、そもそもやらなくても大丈夫。

-お金を貯めるには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.