お金がない時にお金を借りるメリットとデメリット

更新日:

お金がない時にお金を借りると

本当にお金がなくてどうしようもない。家賃が払えない。生活ができない。そんな状況に陥ってしまった時、僕は「お金を借りる」という選択をしました。クレジットカードのキャッシング枠があったので、それを使ってお金を借りたんです。

そんな状況に陥ったのも、一人暮らしなのに一時的に失業中になったからなんですけどね。数か月間ニートだったときがあるんです。その時の負の遺産。

ニート時代、お金がないのにお金を借りた結果、何が起こったのか。お金がない時に、実際に「お金を借りる」ということをやって感じた、メリットとデメリットについて。

僕が感じた、お金がない時にお金を借りるメリット

「お金がない!」を一時的に解決できた

お金が入るわけですから、払えそうになかった家賃とか、生活費とか補填できましたよ。「お金を借りるのは悪いこと」という意見もあり、至極真っ当なものだとも思いますけど、「お金を借りることで救われる場合もある」と実感もしました。

数十万円が素早く手に入った

普通に給料日を待っても、単発バイトで頑張って食いつなごうとしても、素早くに数十万円が手に入ることなんて、そうそうないと思います。リスクなしでそういう手段があるのなら、教えてもらいたいくらい。お金を借りれば、一時的に数十万円を補填することができました。

大した労力を使わないでお金が手に入った

空いた時間にバイトしたり、副業したりして稼いだ方が圧倒的にリスクも少ないはず。しかし、それなりの労力がかかる。その点、「お金を借りる」という選択肢は、たいした労力を使わないでお金が手に入る。

両親や知人から借りる場合、それなりの労力は使うと思いますけど。クレジットカードのキャッシング枠や、カードローンを使う場合は、たいした労力を使わないでお金を借りられました。それが良いことなのかは別として。

お金がない時にお金を借りるデメリットとは?

返済が想像以上に大変だった

20万円借りて「リボ払い」で返済していくとすると、毎月の返済額は1万円ちょっとくらいで済むことは済みました。しかし、利息の支払いもあるので、思った以上に元本が減っていかない。生活費も払っていかないといけない。

僕はクレジットカードのキャッシングを使っていたので、借りたお金を返さないと、ブラックリスト入りしてしまうかもしれない。そんな恐怖との戦いでもありました。

借りた後、「お金がない!」が加速した

もともと、お金がないわけです。そんな状況でお金を借りるわけです。お金を借りた後、毎月1万円やらの出費が上乗せされるイメージです。そりゃ、「お金がない!」が加速するに決まっているじゃないですか。

僕の場合、途中で仕事を見付けて復活できたわけなんですか、「もしも仕事を見付けるタイミングが遅れていたら・・・」と思うと、ゾッとします。

「お金を借りる」ということは、一時的に助けてもらって、その後に金欠を加速させるブースターみたいなものでした。

買い物をしてるわけじゃないのに出費が増えた

「利息」の話です。クレジットカードのキャッシングや消費者金融などのカードローンの利息は、年利18%くらいが主流になってます。単純計算で、20万円借りた時に、一年間で支払う利息は「36000円」くらいです。

買い物したわけじゃなく、「お金を借りた」という選択によって、これだけの出費が増えるんです。利息は、返済が終わるまで支払う必要があるので、実際はもっと払うことに。

一生で稼げるお金なんて限られているのに、こんなことを続けていたら、そりゃ、「貧乏」になるわけですよ。

お金がない時にお金を借りるのは「賢い選択」とは言えない

僕はお金を借りることによって救われた人間ではありますが、前述のように、お金がないのにお金を借りると、結構苦しいことにもなるんですよ。それだったら、多少苦しい思いをしてでも、日雇いのアルバイトしたり、売れる物を売りまくったりしたほうがリスクが少ないと感じました。

お金を借りると、その時は「よっしゃー!」となるかもしれません。でも、その後は想像以上の地獄が待っていたんです。お金を返す為に更に借金するようになると、「借金地獄」に突入。その先に、未来はないかもしれませんね。

-お金がない時

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.