【QRコード決済】スマホで支払いができる「PayPay」の特徴とメリット、デメリット

投稿日:

レジ

アプリをダウンロードし、設定を行いさえすれば、スマホを使って買い物・支払いができるQRコード決済。その一つが、PayPay株式会社が提供している「PayPay(ペイペイ)」。「100億あげちゃうキャンペーン」などで何かと話題になり、利用者を伸ばしているサービスである。

PayPayは、導入が簡単で、PayPay利用によるポイントも貯まるので、使うメリットはそれなりにあるスマホ決済サービスと言えるだろう。

公式PayPay

PayPayの特徴

特徴

始めるのが簡単、支払いも簡単

公式サイトに「最短1分!」と書いてあるくらい、始めるのは簡単。
始めの方は手間取るかもしれないが、慣れれば支払いも簡単(むしろ、店員さんの方が手間取る場合もあったり・・・)。

支払い方法は3つから選べる

  • PayPay残高にチャージ
  • Yahoo!マネー連携
  • クレジットカード連携

PayPay残高は、簡単に言うと、suicaなどの電子マネーのようなもの。銀行口座から簡単にチャージすることができる。

Yahoo!マネーは、Yahooの電子マネー(PayPayはYahooとSoftBankが株主なもんで)。ヤフオクしている人などは馴染みがあるかも。

クレジットカード連携は、チャージではなく、PayPayを通じてクレジットカードで支払うもの。

PayPayのメリット

メリット

PayPay利用でポイントが貯まる

その還元率は0.5%(例えば、1,000円使うと5円分が還元される)。

「PayPayライト」と「PayPayボーナス」

使っていると出てくる用語。これらは、

PayPayライト →チャージした分
PayPayボーナス→ポイントやキャンペーンで入手した分

という違いがあり、二つ合わせて「PayPay残高」という括りになる。
「PayPayで貰ったポイントはどこにあるんだよ!」とツッコミたくなったら、PayPayボーナスの項目を見ればいいってこと。

ポイントの二重取りもできる

クレジットカードで支払った場合、PayPayのポイントとカード会社のポイントを両方貰えるので、ポイントの二重取りも可能。
「REXカード」のような還元率の高いクレジットカードを使えば、その効果は単純に高くなる。

キャンペーンをちょいちょいやっている

100億あげちゃうキャンペーンはすぐに終わってしまったが、その後も「登録すれば~円分プレゼント!」のようなキャンペーンはやっている。
キャンペーンは時期によって変わるはずなので、公式サイトを見てみるのが一番早い。

PayPayのデメリット

デメリット

使えるお店が限られる(今後改善の可能性は大いにあるが)

PayPayは2018年後半サービス開始しただけあって、使えるお店はそこまで多くないのが現状。
しかし、バックにいるのがヤフーとソフトバンクなので、今後どんどん拡大している可能性は高い。
事実、徐々に対応店舗を増やしているし。

良くも悪くも「新しいサービス」

新しいサービスだけあって、斬新なキャンペーンを打ち出したりもしている。しかし、その反面、予期せぬトラブルが発生したケースもある。
今後は改善されていくだろうし、定着すれば「多くの人が使うキャッシュレス決済」となる可能性もあるけど。

まとめ|QRコード決済「PayPay」の特徴

  • 始めるのが簡単
  • 支払い方法はクレカなど3種類
  • PayPay利用で0.5%の還元がある
  • キャンペーンも要チェック
  • 使えるお店は拡大中

スマホ決済を敬遠する人が多い日本。しかし、慣れてしまえば便利なサービスなので、ためしに使ってみるのも悪くないと思う。使うと金銭的なメリットもあるわけだし。

公式PayPay

-スマホ決済

Copyright© お金研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.