投資におけるリスクの意味とは?「損する可能性」だけではない

更新日:

「リスクがある」とはどういうことか

「投資にはリスクがある」とよく言われますけど、それは具体的にどういうことなのか。投資の初心者だった頃の僕は、「損をする可能性があること」だと思って疑いませんでした。

専門的な勉強をするまで、「リスクの本当の意味」を知らなかったわけです。実は、「リスク」というのは、思ったよりも奥が深い代物でした。

ここでは、「投資におけるリスクの意味」について、僕が学んだことを書いておきます。

投資における「リスク」の意味とは何なのか

「結果が不確実」なのが「リスクがある」ということ

リスクの意味を説明する時に、「損をする可能性があること」というのは、半分正解でした。「損をする可能性があること」は、確かに「リスクがある」ということになるんです。

もう半分、忘れてはいけないことがありました。それは、「リターンが確定していないこと」です。「リターンが確定していない」というのは、「1万円投資したら、どおうなるかわからない」みたいなことです。

投資における「リターン」の意味とは、「投資して得られる利益」のこと。

まとめると、投資における「リスク」の意味とは、「いくらの利益が出るのか、いくらの損失が出るのかも決まっていないこと」になります。

「リスク」とは、結果が不確実なこと。「リスクがある投資」は、「それに投資しても、どうなるかわかんないからね!」というような投資ということ。

大抵の投資はリスクがある投資である

株式投資やFXなんかは、「投資したらどうなるかわかんない」じゃないですか。実際のところ。分析手法はいろいろあるけれど、結局は、その時が来ないとわからないのが現実じゃないですか。正直なところ。

こういうのが、「リスクがある」ということなんです。

その他、先物取引やオプション取引・eワラントなんかもそうですし、不動産投資も「店子が入るかわからない」とかあるじゃないですか。投資信託あたりも結果は不確実ですよね。

「リスクがない投資」もある

「投資にはリスクがある」と言われてますが、一応「無リスク投資」というものもあります。リスクの意味を考慮すると、リスクの無い投資とは、「結果が確定している投資」のこと。例えば、「1万円投資したら、1年後に100円の利益が得られる」のようなことが決まっている投資のことです。

そんな投資があるなら、投資したいじゃないですか。

「無リスク投資」として有名なのは、「国債投資」です。国にお金を貸すあれです。国債にも「デフォルト(債務不履行)リスク」というのはあるはずなんですが、何故か無リスク投資に分類されてます。(「デフォルトしそうになっても、貨幣を発行すれば大丈夫じゃん!」などの理由があるらしい)

国債投資は、「いくら投資したら、いくらのリターンがある」というのが決まってます。個人向け国債には、「最低金利保証」なるものがあったりして、安心です。

しかし、今のマイナス金利時代において、国債の利回りは驚くほど悪いです。普通預金の金利と大差ありません。国債投資ばっかりやってても、ぶっちゃけ、お金なんて全然増やせないでしょう。

「リスクのない投資」だけが魅力的なわけじゃないと思う

僕は「リスクのある投資」が好きです。株式投資大好き人間です。これこれ8年以上やってます。無リスク投資は、精神衛生上良いような気もしますけど、つまらないのなんのって。

僕は、「結果がどうなるかわからない世界」で勝っていくのが好きなんです。「リスクがある」というのは、必ずしも悪いことではないはず。嫌う人は嫌うでしょうけど。

まあ、とりあえず、「リスクの意味」をちゃんと知っている方が、「投資上手な人」っぽいじゃないですか。知っているから投資が上手くなるわけじゃないですけど、豆知識として持っておくといいですよ。

まとめ記事→上手なお金の増やし方はどれ?投資対象などを羅列

-お金を増やすには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.