友達や知人同士のお金の貸し借りは面倒!借りる人と貸す人に伝えたいこと

更新日:

「友達からお金を借りる人」と「友達にお金を貸す人」双方に伝えたいこと

人間関係を破綻させる気があるなら、喜んで貸し借りすればいい!

本当に、これ。
お金の貸し借りは、人間関係を破綻させる。
僕もお金の貸し借り問題で人間関係を破綻させたことがあるので、断言できる(僕は貸した側)。

「借用書の有無」とかの問題じゃない。
「こいつは信頼できる」も間違い。
お金が絡んできた途端に、人間は信頼できなくなる。

人間関係を破綻させたくないのなら、頑なに「友達からは借りない」「友達には貸さない」の精神が大切である。マジで。

友達からお金を借りる(借りようとしている)人に伝えたいこと

友達から借りる前に、消費者金融でも使えよ!

マジでこれ。
「友達なら、取り立てとか怖くないから、安心して借りれる」とか思ってるのかもしれない。
まあ、確かにそういう面もある。

ただ、「友達から平気でお金を借りる人って、マジでヤバイぞ?」ということもお伝えしたい。
しかも、友達から借りる人って、平気で数人から借りて、返さないことを悪びれない傾向がある。

そんな人間、誰が信用してくれるのだろうか・・・。

友達にお金を貸す(貸そうとしている)人に伝えたいこと

貸してもいいけど、「返ってこないもの」と思った方がいい

「こいつは、信用できるから大丈夫」とか、幻想でしかない。
前述の通り、友達からお金を借りるような人って、結構ヤバイのだ。
(まともな人は、自分の力でなんとかすると思っている)

貸すなら、「このお金はあげる」程度の気持ちで貸す。
それができないなら、人間関係が破綻する覚悟で貸す。
(どの道、回収は難しいだろうが)

借用書とか書いてももらっても、信用しない方がいい。
友達同士でお金の貸し借りをすると、高い確率で金銭問題に発展すると思っておいた方がいい。

そういう問題を避けたいなら、

どんなに頼まれても、友達には絶対にお金を貸さない

というルールを作った方がいいと思います。マジで。
(僕はこりごりなので、友達には絶対に貸さないことにした)

友達・知人同士の金銭問題(貸し借り問題)は、解決が難しい

相手がすんなり返してくれるなら、問題にはならない。
しかし、「そうじゃないケース」も結構な確率で発生する。

まず、警察には頼れない。
金銭問題は「民事」なので、警察は介入しない(民事不介入)。
ただし、「貸した側」が脅迫めいた取り立てをして、「刑事事件」に発展したら、警察も介入できるのでご注意を(催促は穏やかに)。

裁判所を利用して督促をしたりする方法もあるけど、異議申し立てをされたら裁判になったりして、何かと面倒なことになる可能性がある。
(少額の貸し借りでそこまでする気力があるかどうか。数百万円なら別だろうけど)

借りたお金を返さない友達や知人への対処法!警察沙汰は避けろ

ぶっちゃけ、「借りたもん勝ち」みたいなところがあるので、「諦めて泣き寝入り」のパターンも多いかと。
そりゃ、数十万円とかだと諦められないだろうし、数百万円(愛人かよ・・・)になったら、「詐欺」とかの疑いも出てくるかもしれない。

なんにせよ、友達同士のお金の貸し借りが「金銭問題」にまで発展したら、面倒なのだ。
貸した金額、社会の現状などを踏まえて、どうするかを考えてほしい。

-お金の問題解決

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.