投資信託でお金を増やすには?種類や選び方など

更新日:

投資信託にはかなりの種類がある

プロにお金を預けて運用してもらうのが「投資信託(ファンド)」と呼ばれる代物。
プロに預ければ安心と思うかもしれないけど、損失の危険性はあるので、確実ではないのでご注意を。

それに、「投資信託」と言ってもかなりの種類があるので、「選ぶ能力」も必要になってくるし、売買のタイミングも無視できない。

投資信託は「簡単でお手頃」というイメージがあるかもしれないけど、現実はそう甘くないだ。
やめておくなら、今のうちである。
「個人向け国債」のように、ほぼ確実にお金を増やす方法もあるわけだし。

ほぼ確実にお金を増やす方法

投資信託の種類(大雑把)

まず、「何に投資しているか?」で分類できる。
株式投資型の投資信託もあれば、債券にも投資しているものもある。
それに、不動産投資信託の「REIT(リート)」というのもある。
いろんな投資対象にいろいろ投資しているものもある。

さらに、株式投資型の中でも種類がかなりあるし、REITだってそうだ。
投資信託の種類は本当に多い。

種類によって手数料も違うので、そこも無視しないでおきたいところである。

ちなみに、投資信託のメインは、株式投資型だと僕は思っているので、ここでは株式投資型の投資信託について主に書いていく。

※「REIT(リート)」なんかを選ぶのも間違いではない。結果が良ければ全てよし。それが投資。

投資信託の種類(株式投資型の場合)

大きく分けて、

  • インデックス型
  • アクティブ型

の2種類がある。

インデックス型は、市場平均(日経平均やダウ平均など)と同じ動きをするように運用されている投資信託。
故に、運用コストが低い。
手数料のかからない「ノーロード型」なんていうのは、インデックス型が基本。

アクティブ型は、市場平均を上回るようにプロが頑張ってくれる投資信託。
故に、運用コストが高い。

投資信託の買い方

市場で流通している投資信託は、ネット証券会社で買うのが主流。
別に、銀行とかで勝手もいいんだけど、ネット証券なら個人の判断でできるし。
ネットで完結するし。
別に難しくないし。
ネット証券に口座を持っていないなら、口座開設完了までに少し時間がかかるくらい。

ちなみに、数はかなりある。

それとは別に、「セゾン投信」や「ひふみ投信」のように独立系の投資信託もある。
独立系は、セゾン投信ならセゾン投信、ひふみ投信ならひふみ投信で口座解説する必要がある。

投資信託の選び方(諸説あり)

インデックス型投資信託を選ぶ。
これが投資信託でお金を増やすために大事なことらしい。

理由は2つある。

  • 世界一の投資家、ウォーレン・バフェットが推奨している
  • 名著「敗者のゲーム」で推奨されている

言わずと知れた世界一の投資家バフェットさんは、「インデックスファンドを選べば、同じ時期に始めた個人投資家よりも良い成績を残せるだろう」のような発言をしている。

そして、「敗者のゲーム」とは、多くの投資家をインデックス投資に引きずり込んだであろう名著。

この本の主張をザックリようやくするとこうだ。

全てのものは、いずれ平均に回帰する。だから、平均に負けないようにインデックスファンドを選ぶべきだ

「投資は、勝つことではなく、負けないことが重要」ということだ。
そして、いずれは全て平均に回帰するんだから、市場平均と同じ動きをするファンドを買えと。

しかしながら、市場平均に勝ちまくっているバフェットさんのような人もいるので、そういうアクティブ型投資信託を探すのはどうなんだろう?という疑問も残る。

ついでに言うと、インデックスにも、国内の日経平均もあれば、外国のダウ平均なんかもあるし、新興国のもあったり、組み合わせがあったりするので、その辺の判断は読者がしないといけなくなっている。

その辺は、「株式投資の未来」のアドバイスに従うなら、成長しそうな外国メインでいったほうがいいのかもしれない。
何を選ぶかも投資家のセンスなので、そこを他人に頼りすぎるのもどうかと思うが。

投資信託の売買のタイミング

安いときに買い、高いときに売る

これが鉄則だ。
「安いときに買え」は、敗者のゲームでも語られている。

負ける投資家は、盛り上がっている(値上がりしている)ときに参入してくる。
いや、待つんだ。
投資の鉄則は、「安くかって、高く売る」のはず。
なのに、なんで高い可能性があるときに買うのか。
疑問である。

大きく値下がりしているときほど、安い可能性は高いと考えられる。
だったら、みんなが投げ売りしているときに買うのが「懸命な判断」というものじゃないんだろうか。

そして、お祭りが始まった感じがしたら、売って利益確定するもよし、持ち続けて配当を受けとるもよし。

インデックス型を買っても、平均が値下がりしてたら損失を出してしまう。
売買のタイミングは、冷静に判断したいところ。
「終わってからじゃないと”正しい判断”がわからない」という性質もあるので、尚更だ。

投資信託は長期投資が基本

証拠金取引のCFDなんかだと違うのかもしれないけど。
基本、敗者のゲームもバフェットさんも長期投資を推奨しているので、「じっくりお金を増やす」という心構えが大事なんだろう。

「さっさとお金を増やしたい」とか考えると、無駄に失敗する。
僕の経験上、これは真理だと思っている。
気長に、余裕を持って投資できないなら、投資なんてしない方がいいかと。
心臓に悪いので。

まとめ記事→上手なお金の増やし方はどれ?投資対象などを羅列

-お金を増やすには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.