貯金のコツ!社会人向け

更新日:

急な出費対策としての貯金

社会人になると、急な出費が結構増えます。なかなか大きな金額の出費が急にやってくることもしばしば。結婚式の招待状が怖い、入院が怖い、旅行の誘いが怖い、飲み会多すぎ、遠い地元に帰省するのも大変。

そんな時、「貯金がない!」という状態だと本当に大変です。僕自身、貯金がなくて苦労したり、借金してしまったり、いろいろありました。社会人になってしまったのなら、早い段階で「貯金のコツ」を身に付けて、貯金しておくべき。

貯金の本質とは

貯金は、「収入-支出」の金額。つまり、貯金をするには、「収入を増やす」か「支出を減らす」しかないんです。「収入-支出」がゼロかマイナスなら、小手先の「貯金のコツ」を導入したところで貯金するのは不可能なんです。

収入を増やして貯金しやすくする

僕の経験上、収入を増やすことができればかなり貯金しやすくなります。当たり前なんですけど、まずはここを目指してほしい。「貯金と言えば、節約だ!」みたいな風潮がありますけど、「支出を減らす」には限界があります。どう頑張っても、「これ以上は減らせない!」というラインがあるんですよ。

節約するには、努力が必要。そして、収入を増やすにも、努力が必要。節約の努力をする人は多いですが、収入を増やす努力をする人はそこまで多くない印象があります。

頑張れば、収入だって増やせます。

時間を見付けて副業したり、転職を模索したり、勉強してキャリアアップしたり、方法はいろいろある。僕が思っている一番の貯金のコツは、「収入を増やす」です。まずは、「貯金できる体質=それなりの収入がある状態」を作ること。

社会人になり、正社員になっても、その「貯金体質」ができていない人もいます。この不況の中、「働いていれば貯金できる」というわけでもないんですな。残念ながら。

節約して貯金する

「これ以上は減らせない!」というラインよりも支出が多い場合のみ効果を発揮。節約は、「必要な支出を減らす」よりも、「無駄な支出を見付けて減らす」のがコツ。

必要な支出を必要以上に減らすのはかなりのストレスですし、継続性もあまり望めません。なので、「無駄を減らす」に注力します。

契約を変えたり、契約先を変えるだけで節約できるもの(スマホ代や電気代など)があれば積極的に移行する。「何となく」で習慣化してしまっている支出(新聞や毎月支払い型のWEBサービス、無駄な保険など)は積極的に解約する。思い切って自分の習慣を変えてみる(無駄に買ってしまうコーヒーとか)をやめてみる。

社会人になると誘惑も多いし、自由も多くなるので、学生よりも「無駄な支出」は見付けやすいかも。節約は、「収入を増やす」よりも即効性は高いので、無駄な支出を見付けたら早めに駆除していきましょう。

「先取り貯金」を導入する

若干「小手先の貯金のコツ」です。先取り貯金は、「余ったら貯金する」ではなく、「余る前に貯金する」という貯金方法。

具体的には、積立式の定期預金を活用したり、貯金専用の口座を用意したりして、給料が入ったらすぐに貯金用の口座にお金を移動する貯金術。貯金分のお金を移動したら、残りのお金でその月の生活費をまかないます。

「貯金もできて、節約意識も向上する」のがメリット。ただし、前述の「貯金体質」になっていないと、そもそも意味がない貯金術でもあるので、自分の「体質」の見極めは大事。

必要な支払いは先に済ませる

これも「小手先の貯金のコツ」。公共料金(水道光熱費)などような「必要な出費」を、支払期日のギリギリに支払うようにしてませんか?支払いを期日ギリギリにして「苦しい」と思うことがあるのなら、支払い用紙が来たらすぐに支払うようにしてみて下さい。

その方が、「節約意識」は多少改善されるはずです。これも、「貯金体質」ができていないと、今度は「日々の生活費が苦しい」になるだけなんですけど。

お金の管理をしっかりやる

さっきから「貯金体質」と頻繁に書いてるので、その見極め方でも。貯金体質とは、「収入-支出」の金額がプラスになる状態のこと。これを把握する一番簡単な方法は、「家計簿をつける」です。

今の時代は家計簿アプリ(マネーフォワードなど)も充実しています。簡単なつけ方でもいいので、「自分の収入はいくらで、支出はいくら」というのを毎月記録すれば、「貯金体質かどうか」は簡単に把握できます。

もし、限界まで節約している(思い込みは論外ですが)のに赤字が続くようなら、あなたは「貯金体質じゃない」と結論付けができます。その場合、収入を増やす為に時間を使って下さい。収入を増やす為に時間を使わないと、収入は増えませんので。

社会人として自由に生きる為に貯金を

社会人として働いていると、「仕事辞めたい!」と思うこともあります。僕なんて、今までに何度もそう思ってきました。しかし、お金がないと、仕事辞める勇気が出ないんです。すると、社畜になり、最後にはうつ病になるかもしれない。(うつ病になった友達の側にいたことがありますが、社会復帰はなかなか大変そうでした。)

今の日本では、お金を持っていないと、奴隷になってしまう危険性があります。マジで。真面目だから貯金するのではなく、ある程度の自由を手にする為に貯金すると考えてみて下さい。

それなりに貯金があれば、嫌な仕事を辞める決意もできます。お金がないと、不自由なまま生きていくことになってしまう可能性が高いんです。「貯金なくても大丈夫」とか言う人もいます。でも、

貯金しましょう!!

恋愛したり結婚したりするのも結構お金が掛かりますし。社会人ならわかってると思いますが、「世の中、お金」ですよ。本当に。

-お金を貯めるには

Copyright© お金の知識と知恵 , 2018 All Rights Reserved.